AST・ALTが正常値より高い場合に疑われる病気

 

健康診断や人間ドックで、ASTやALTの数値が高かった場合、内臓機能の障害が疑われます。今回は主な病例をご紹介します。数値が高い方は以下の病気にご注意ください。

 

AST・ALTを下げる方法

 

ASTが高値の場合

 

診断でのASTは、肝臓障害の指針としてALTとセットで見られることが多いです。しかし、ASTは身体の広い範囲に存在している物質で、ASTの異常が見られる場合は肝臓以外の病気にも注意が必要となってきます。

 

ASTが高値を示した場合、肝疾患として疑われるのが、肝炎、肝硬変、肝がん、脂肪肝などです。肝臓の疾患はALTとセットで診断することでより詳しい状態が判明するでしょう。

 

また、心臓、骨格筋疾患も疑われます。心筋梗塞、筋ジストロフィー、多発性筋炎などが代表的です。場合によっては重篤な病気に繋がる恐れがあるので注意しましょう。

 

血液疾患では、溶血性貧血などが疑われます。症状として、動悸、息切れ、めまい、頭痛、疲労感などがあげられます。当てはまる方は適切な医療機関で治療を受けましょう。その他の病気として、担肝炎、胆道がんなどがあげられます。

 

ALTが高値の場合

 

ALTは主に肝臓の肝細胞に存在している物質なので、ALTが高値の場合は肝臓疾患が疑われます。
肝炎、肝硬変、肝がん、脂肪肝などが代表的な病例としてあげられます。

 

肝臓は人体に必要な物質を合成、解毒する重要な消化器官ですので、ALTの数値に異常が見られた場合は医療機関で適切な治療を受けましょう。

 

ASTとALTの比較で判明する病気

 

ASTとALTはそれぞれの数値を比較することでより詳細な病気が判明します。ALTがASTより高い場合、慢性肝炎、肝脂肪が疑われます。ASTがALTより高い場合、肝硬変、肝がん、心筋梗塞、筋ジストロフィーが疑われます。いずれも目安なので、数値の異常が見られた場合は医療機関で確定診断を受けましょう。

 

ASTとALTの数値に異常が出たときの対処法