肝臓病により引き起こされる他の病気

肝臓疾患はそれ単体でも身体に悪影響を及ぼしますが、肝臓病に罹ることにより併発する合併症にも気を付けなければなりません。肝臓病の合併症とはどのようなものがあるのでしょうか。

 

肝性糖尿病

 

肝臓病の最終段階とも言われている肝硬変にかかると、肝細胞が減少し、血糖値を維持するためのグリコーゲンの合成が困難になります。グリコーゲンの合成が困難になると、正常に糖の代謝ができなくなり、血糖値の維持が困難になってきます。

 

そうなると、食事から摂取した糖の代謝ができなくなり、食事後の血糖値が異常に高くなってしまいます。これが肝性糖尿病の症状です。また、空腹時には血糖値が異常に低下し、低血糖状態になります。

 

高血糖になると、心臓病などのリスクが高まり、場合によっては死に至る可能性があります。また低血糖状態が続くと、動悸や発汗、震えなどが起こり、集中力がなくなる、意識の混濁が起こります。低血糖は本人が自覚していない場合も多く、放置しておくと命の危険を及ぼします。

 

肝腎症候群

 

肝臓病が起こることで腎臓にも大きな影響を及ぼします。

 

肝機能が低下し血流に障害が起こると、腎臓は血液量を減らし排泄を抑えようと働きます。その結果、ナトリウムを再吸収するので体液が増えてしまいます。この体液は腹水と呼ばれるもので、この症状も肝臓病の合併症の一つです。このサイクルを繰り返すことにより、排泄が全く行われなくなり、最終的に腎不全となってしまいます。

 

門脈圧亢進症

 

門脈圧亢進症とは、門脈が潰れ胃が腫れたり、出血する病気です。門脈とは、消化器官から吸収した栄養素などを肝臓に運んでくれる輸送路このことで、これが潰れることによりその上にある胃に影響が出るのです。

 

また、肝硬変になると血液の凝固に時間がかかります。そのため、胃から出血してしまうと血が止まりにくくなってしまうのです。