基本は食生活の見直し

AST、ALTの値が高く、肝臓病の心配がある方はまず食生活を見直すことが大切です。

 

肝臓は体内で必要な栄養素の合成と、不要なものの解毒作用を司る重要な器官です。しかし、肝臓が病気にかかると自覚症状が少ない上、身体の重要な器官なので他の病気を併発する可能性もある厄介な臓器です。AST、ALTの異常が認められたら、すぐに対策をしていきましょう

 

あまりにも高値の場合は適切な医療機関で治療を受けなければなりません。しかし、経過観察と診断された方は、これを機会に肝臓の健康を意識しましょう。病気を未然に防ぐことで、様々なリスクを回避することができます。

アルコール、脂っこいもの摂りすぎてない?

ASTとALTが基準値より高値になった場合、まず食生活を見直しましょう。肝臓は食事から得た栄養によって左右される臓器です。

 

例えば、脂っこいものが中心、アルコールを日常的に摂取している場合、肝臓に大きな負担がかかっています。それが長期間続くと肝臓疾患の可能性は大幅に増えてしまいます。

 

肝臓を守るためには、まず普段の食生活を振り返ってみましょう。野菜中心でバランの良い食事を摂っているか、アルコールの過剰摂取をしていないか、脂肪の多い食品中心になっていないかなど、今一度見直してみましょう。

 

食事の見直し+サプリメントが効果的

食事だけで数値改善するのはなかなか難しいですし、何より食事への負担が大きくなります。そのため食生活の見直しに加え、サプリメントで肝臓機能を向上・サポートすることができます。肝臓には、タウリン、オルニチンなどの成分が良いとされています。

 

このような成分が含まれているサプリメントはネット通販で手に入ります。当サイトは数多く販売される肝臓に良いサプリメントの中から厳選して紹介してますのでどうぞ参考にしてください。

 

おすすめサプリメントランキング

 

レバリズム-Lの特徴

レバリズムは、肝機能向上に役立つこだわりに肝宝成分を贅沢に配合したサプリメントです。数年かけて探し求めたしじみ、牡蠣などから摂れたタウリンやオルニチンなど肝臓に良い成分を凝縮しています。肝数値の異常、脂肪肝の恐れなど、肝臓に不安を感じる方におすすめです。今なら当サイトからキャンペーン価格の980円で購入できます。

価格 980円
評価 評価5
備考 牡蠣・しじみ・スクワレン

 

牡蠣のチカラαの特徴

牡蠣のチカラαは、数値が気になる方におすすめの牡蠣エキス凝縮サプリメントです。牡蠣エキスには、肝機能の改善に良いとされるタウリン・亜鉛・ビタミンなどが含有しています。1日あたりに牡蠣約6個分の栄養が詰まっており、さらに高麗人参・マカなどの滋養成分もプラス。実感度高めと評判です。当サイトより30日分が980円と限定価格にて購入できます。

価格 980円
評価 評価4.5
備考 牡蠣・マカ・高麗人参

 

しじみ習慣の特徴

しじみ習慣は、良質なしじみから摂れたたっぷりのアミノ酸を配合したサプリメントです。しじみは私たち人間の健康に欠かせないアミノ酸を豊富に含んでおり、そのしじみエキスを濃縮配合しています。肝臓に良いオルニチンをはじめ、疲労回復に効果的なトリプトファンなど有効成分が多数含まれています。通常は3980円から購入ですが、当サイトから無料お試しサンプルの入手が可能です。この機会にお試しください。

価格 0円
評価 評価4
備考 しじみ

 

 

AST・ALTは何を示す数値のこと?

 

自分の身体の健康を知るための目安として、「AST」と「ALT」というものがあります。健康診断などでこの項目を見たことがあるという方もいるかと思いますが、普段はあまり耳にしない言葉です。

 

しかし、ASTとALTは自分の肝臓の健康を知るためにとても重要な項目です。ASTとALTとは、一体どのようなものなのでしょうか。

 

ASTとALTの正式名称

 

ASTはアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ、ALTはアラニンアミノトランスフェラーゼという物質です。これらは元々、GOT(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)、GPT(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)と言われていましたが、国際的に標準化され、GOTはAST、GPTはALTという名称に変わりました。

 

ASTとALTはどのような物質なのか

 

ASTとALTは体内のアミノ酸代謝に関わる酵素の一種です。アミノ酸は、人間が生きる上で欠かせない重要な成分です。

 

ASTは体内に広く分布していますが、主に心臓、肝臓、骨格筋、腎臓に存在しています。ALTは主に肝臓の幹細胞に多く含まれています。

 

ASTとALTが果たす役割

 

人間は食事から吸収された栄養素をそのままの形で利用することはできません。体内でエネルギーに変える必要があります。その時に働くのがASTとALTなのです。

 

人間は、体外からの栄養素を分解し、別の成分に変えて貯蔵します。必要に応じてこれらを変換し、呼吸や心臓機能、血流、余分な物質の排出など、生きる上で必要なエネルギーにしていきます。

 

このような機能を代謝と呼び、ASTとALTは身体のそれぞれの部位でその働きをしているのです。ASTとALTは身体の土台を作る大切な物質なのです。

更新履歴